NEWS

2018.03.09 お知らせ

新燃岳噴火について当館周辺の現況

先日より報道されおります新燃岳についてですが、

火口から当館までは直線で15Km以上も離れております。

 

31日に噴火が確認されてから一週間が経ちますが

当館で降灰が確認されたのは36日の午後のみです。

うっすらと車の上に積もり、走れば吹き飛ぶくらいのものでした。

鹿児島市内に桜島の降灰があるのと同じくらいです。

 

報道されている霧島温泉郷とは10Km以上の距離があります。

ただし、風向きの影響もあります。

爆発音や空振を感じることもありませんし、火山性ガスの臭気を

感じることももちろんありません。

 

当館の源泉についても現在、温度や色などの変化はありません。

 

また、36日には降灰が鹿児島空港でも多かったため

飛行機の欠航がありましたが、その後通常通りの運行でした。

 

周辺の観光については、えびの高原等一部通行止めの区間は

ありますが、霧島温泉郷や霧島神宮、道の駅、アートの森など

通常通りの営業をしております。

 

私どもの温泉も霧島の火山活動によって生まれているものです。

この霧島の自然の営みに感謝しながら、一日も早く火山活動が

平穏になるのを願っております。

お電話のご予約も承っております
0995-77-2111
[受付時間] 8:00~20:30